下流の人はまずお金を追いなさい

もし、あなたが下流から抜け出したいと考えているなら、最初のうちはお金を追うことをオススメします。どういうことかといえば、最初のうちはとにかくお金を優先して職場や仕事選びをするということです。

そうはいっても、詐欺まがいの営業やネットワークビジネスなどは絶対にオススメできません。こうしたビジネスもどきは、後の人生に禍根を残すことにもなりかねないからです。

「まっとうに働いてお金を稼げる仕事」という前提条件のもと、職場選びをしましょう。その中で、比較的稼げる仕事というのを選んでいくのです。

「収入を上げる」という明確な目的があれば、無目的に職選びをするよりは、確実に収入を上げていくことができるようになります。なにより、お金を追うことであなたにも様々なメリットがあるのです。

収入を上げていくことの重要性

人生において、ある程度のレベルの収入を確保するというのは、非常に重要なことです。お金があることで、様々な情報を買うことができますし、気持ちに余裕も生まれます。なにより、お金がないと私たちは生きていくことができません。

自分の収入が少しずつ上がっていくにしたがって、あなたはできることが次第に増えていくでしょう。同時に、あなたの視点も変わっていき、収入が低かったときには、知らなかった世界を知るようになっていきます。

人間関係にも変化が訪れます。自分の収入が上がっていくと、つき合う人たちの収入も同じように上がっていくからです。あなたの収入ステージが上がっていくことで、多くの人たちと出会い、彼らの考え方や趣味・嗜好を知ることができるようになります。

自分の世界が広がると、あなたはさらに収入を上げやすくなっていきます。そこそこ収入が上がって、心に余裕が生まれてきたら、今度は「自分が何をしたいのか」ということを意識してみるのです。

収入が低かったときより、多くのことができるようになったことで、自分の人生の目的が以前よりハッキリしてくるはずです。そして、人生の目的が明確になったときから、あなたの本当の人生が始まるのです。

お金を稼ぐから未来に目を向けられるようになる

「将来のことなど考えなくていい」たまにこのように言う人がいます。もちろん、将来の不安については考えなくてもいいと思いますが、未来に想いをはせることは、人生において大切なことです。

有名人がよく「今を生きる」といったことを言っていますが、これも未来への展望があるからできることなのです。人は未来のことを考えず、今目の前にあることに頑張ることなどできません。

たとえば、あなたが何かの勉強を頑張っているとしましょう。その勉強は、未来に何かを成し遂げたいからするのではないでしょうか?

そういう意味で、私は未来を考えることは、人生において極めて重要なことだと考えています。

ここ最近の日本人は、未来思考の人が少ないように感じます。未来のことを考えないと、今さえよければいい、自分の生きている間さえよければいい、といった短絡的な思考になってしまいます。そういう人が増えると、社会のモラルは低下し、自分の子供や孫の世代に大きなツケを残すことになりかねません。

お金を稼ぐということは、自分の子供や孫のことを考えることにも繋がります。それなりにお金があるから、将来の自分の子供や孫たちのことを考えることができるようになるのです。

反対に、お金がなければ結婚もあきらめるようになるでしょう。そうなると、未来である子供をあきらめ、孫のことなど考えることもなくなってしまいます。

未来を考えない人は、生き方がいいかげんになり、モラルのない行為をする可能性が高くなります。そのような人が増えてしまうと、社会は次第に不安定となり、将来に禍根を残すことになってしまうのです。

高収入を目指すことで多くの情報に意識が向けられるようになる

基本的に、自分が欲しい収入額を決めておくことは、自分のキャリアにとって有効な手段です。欲しい収入が今より高ければ、収入を上げるためにどうすればいいか考えるようになります。そして、その目標に向かって努力するようにもなるのです。

だからこそ、自分が欲しい収入の目標は高くてもいいのです。私の感覚だと、年収1000万くらいは目指してもバチは当たらないと思っています。ほとんどの日本企業では、幹部クラスにならないと年収1000万を実現することは難しいですが。

ただ、人というのは、実現できなければ他の手段を考えるようになるものです。自分の設定した収入がサラリーマンで実現不可能なら、サラリーマン以外の働き方、稼ぎ方にも目を向けるようになるのです。

最近では、多くの人がネットを使った稼ぎ方に注目しています。サラリーマン収入にネット副業の収入をプラスしたいのでしょう。本業と副業を合わせて年収1000万稼ぐなら、企業で幹部まで出世するより簡単だと思います。

このように、お金を追うということは、情報の感度を高めるためにも役立ちますから、べつに悪いことではないのです。「まずは年収500万」それが達成できたら「次は年収1000万!」あなたも目指してみてはどうでしょうか?